慰謝料

交通事故で得られる賠償金でよく知られているのが慰謝料です。ただこの慰謝料は1つのことを指しているわけではありません。実は2種類あって、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料があります。交通事故が怪我のみで後遺障害がなかった場合には障害慰謝料が支払われます。

また後遺障害があって、公の機関で後遺障害認定がなされた場合には後遺障害慰謝料が支払われます。傷害慰謝料は通院や入院の期間が長いほど高額になっていくものです。しかし6ヶ月目以降になると徐々に金額の伸びが小さくなっていきます。

よく言われるのが通院や入院は長いほど慰謝料が増えるというものですが、長く引っ張っても6ヶ月以上になるとあまり大きな変化はないものです。また最近では長期の通院などは保険会社も認めなくなってきているので、なかなか長く通院することは難しいものです。

また後遺障害が残っている場合には、症状固定をして後遺障害認定の手続きをした方がいい場合もあります。後遺障害慰謝料は後遺障害の認定等級によって大きく変化していきます。後遺障害は1級から14級まであって、1級は最も大きな後遺障害となっています。

等級が上がれば後遺障害慰謝料が大きくなっていきます。

また後遺障害が残存する期間によっても変わります。等級が大きい方は必然的に裁判を行って適正な金額を得ることが一般的です。

交通事故と賠償金